読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1169909
0
ゼニの幸福論
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
若いころ、僕は社会の底辺を渡り歩いていた。幸せなんか一度も感じたことなかったで

『ゼニの幸福論』
[著]青木雄二 [発行]インプレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 ここでちょっと、僕自身の幸福の履歴書について語っておかなければならないだろう。


 僕は、四十代でマンガ家としてヒット作を描き、世間的にもそれなりの評価を得ることができたが、それ以前の二十代から三十代にかけては、心の底から、

「ああ、幸せやなぁ」


 と、感じたことは一度もなかった。


 もちろん、生きているのだから、それなりの楽しみはあった。パチンコで勝ったときや、日曜日に()(ばやし)(あきら)の『渡り鳥シリーズ』を三本立てで見たときなんかは、たしかに興奮もしたし、楽しくも感じた。


 けど、日々の労働はつらかった。


 さっきも書いたように、そのころの僕は、水商売の世界にいた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1470文字/本文:1759文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次