読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1169926
0
ゼニの幸福論
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
よい家を建てる大工は、よい大工であるか? 競争社会が職人の誇りを踏みにじる

『ゼニの幸福論』
[著]青木雄二 [発行]インプレス


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 いまさら逆もどりなどできないのに、古き良き時代の話を持ち出したのは、人間の幸福のさまざまな面を検証していきたいからである。


 僕は、人間にとってどんな人生が幸福なのかを、この本で考えているつもりである。


 まだ経済のシステムが、いまほどややこしくなかったころは、人間そのものがのんびりと生きていた。ゼニにしばられずに生きていくことができた。


 そもそも、まだ(ほう)(けん)時代の空気がそこはかとなくただよっている時代には、ゼニがある人間とゼニのない人間には、はっきりとした一線があって、


 貧乏人は一生貧乏人のままで、絶対に金持ちになることなんかできなかった。


 だから、みんな安心して、貧乏のまま暮らしていたのである。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1351文字/本文:1660文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次