読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1170098
0
なぜか「まわりは敵だらけ!?」と思ったら読む本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
8 まわりとのトラブルが絶えない人は…

『なぜか「まわりは敵だらけ!?」と思ったら読む本』
[著]石原加受子 [発行]すばる舎


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

▼▼▼物の見方が歪んでいるのかも

 ある男性は、相手を打ち負かさなければ主張できない。戦って勝たなければ自分の思いは通らない。力でねじ伏せなければ、相手は自分に従わないなどと思っています。

 そのせいでしょう。定石通り、相手が自分の予測することと少しでも違った動きをすると、「自分を否定された」と受け取ってしまいます。

 被害者意識が強い彼は、すべての人が敵であるために、気になる相手の何気ない所作や造作でも、「相手が自分をわざと傷つけるためにしている」というふうに捉えます。

 実際には、自分の中にそんな敵意があるために、明らかに彼のほうが挑戦的である場合が多いのですが、彼自身は、そうは思えません。

 そんな彼がしばしば、いきなり怒り出すことがあります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2670文字/本文:2994文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次