読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1170100
0
なぜか「まわりは敵だらけ!?」と思ったら読む本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
1 争わず思い通りに生きるために

『なぜか「まわりは敵だらけ!?」と思ったら読む本』
[著]石原加受子 [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

▼▼▼「戦いから降りる」ことを知ろう

 一般的な社会生活の中にあっては、被害者と加害者との境界も曖昧です。他者に勝とうとする人も、他者が怖いと怯えている人や警戒している人も、結局は、「人と戦っている」ことには変わりありません。

 戦っている大半の人が、「自分の負けたところ」を拾っては悔しがります。「私は正しい。相手が悪い」という思いを抱きながら戦います。

 そういう意味では、被害者はいても加害者はいない。正しい人がいても間違った人がいない。人々の意識の中では、被害者と正しい人しかいないのに、争いが絶えない。これが日常生活における戦いなのではないでしょうか。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1391文字/本文:1669文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次