読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1170104
0
なぜか「まわりは敵だらけ!?」と思ったら読む本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5 愛しているのに、不満でいっぱい!?

『なぜか「まわりは敵だらけ!?」と思ったら読む本』
[著]石原加受子 [発行]すばる舎


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

▼▼▼家族に尽くして何が悪いの?

 こう疑問をぶつけてきた女性がいました。
「じゃあ、私が夫や子どものために一生懸命尽くすのは、いけないって言うんですかっ」

 その言い方が、とても攻撃的でした。きっと彼女は、我慢しながら「相手のため」に生きていて、「愛したい」という欲求や感情からではなくて、「愛さなければならない」という意識を強く抱いているのでしょう。
「愛したい」「愛さなければならない」とでは、日常の過ごし方や接し方が根本的に違ってきます。
「愛したい」であれば、自分の気持ちや感情も大事にできます。

 けれども、「愛さなければならない」では、自分が嫌いでも、したくなくても、つらくても、苦痛を覚えてでも、自分を犠牲にしてでも、“しなければならない”と自分にそれを強い、自分を縛っていくことになってしまいます。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1806文字/本文:2159文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次