読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1170307
0
35歳からの山歩き
2
0
0
0
0
0
0
趣味
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
6 歩き方、休み方

『35歳からの山歩き』
[著]坂戸健司 [発行]すばる舎


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

▼無理をしない、汗をかきすぎない理想的な歩き方とはどんなものだろうか?


◆普段から歩いて汗をかこう



 都会生活をしていると、汗をかくこともなくなる。エアーコンディショナーは適温を保ち、室内では人々は季節のうつろいを感じることもなくなっていく。これで人の能力、五感のひとつ、皮膚感覚が消えていく。


 山に潜り歩くと、どんな季節であれ汗をかく。ここがポイントだ。


 生真面目で几帳面な人は、自律神経失調症になりやすいという。私の周りにもたくさんいる。夏の暑い日でも汗をほとんどかかない。あるいは、異常に汗をかく。


 汗をかくという機能は、まさにサーモスタット(自動温度調節装置) なのだが、これがぶっ壊れていることになる。


 私は山に潜って歩くことで、ふだんでも普通に汗をかくようになった。そのおかげで、自分の汗の臭いが体調によって違うということも、少しずつわかってきたのだ。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3167文字/本文:3547文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次