読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1170658
0
女子のトリセツ
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
対人編

『女子のトリセツ』
[著]美藤いづみ [発行]すばる舎


読了目安時間:18分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆これ以上、関わりたくない苦手な人と距離をおきたいときは


 ある日のこと。ある知人から、

「よかったら、これ食べて! まだ食べられると思うから!」


 と、お菓子をもらい、「まだ、食べられる?」という不思議で怪しい言葉に気を引かれ、何気なくお菓子をひっくり返してみる。すると、どうでしょう……。


 な・な・なんと! 賞味期限が5日も過ぎているではありませんか! 


 それでも平気で、

「ね、結構美味しかったでしょ?」


 なんて、聞いてくるから、「え、本気で言っている?」とこちらも人間性を疑うしかありません!

ま、本人としては賞味期限が5日過ぎていようが10日過ぎていようが食べてしまうのかもしれませんが、「腐っているかもしれない……」という危険性が高いものを、人にあげるというのはどうなのか?


 こんな人とは、距離をおきたくなります。「仲がいい」もしくは「話が合う」というだけで、価値観がまったく同じというわけではないのですが、どうもこの辺りを勘違いしてしまうのでしょう。


 また、なぜかこれ以上関わりたくない! 距離をおきたい! と思っている人ほど、どんどん自分に近づいてくるもの。そんなときは、小さく相手を否定して(私とあなたは考え方が違うということをアピールして)距離を離すことです。


 たとえば、食事に誘われても「その日はダメ」と3回くらい断るとか、相手のペースに合わせないことで、相手も「あれ?」と気づくと思います。言葉で否定するのではなく、なんとなーく、行動で距離を置く。


 そんな打算的な考えを持っている女性こそ、意外と堂々としている女社会。見習いたいですね。

◆他人のプライベートにまで探りを入れる人には


 何かにつけていろいろ聞いてくる女性っていますよね。しかも、仕事についてではなくて、プライベートについて。隠すつもりはありませんが、あれこれ聞かれると、どうしてもウザイ! と感じてしまいます。


 だから、通勤電車などで、そんな経歴の女性を見かけた途端、下を向き寝たフリをしながら、薄目を開いて彼女の動きを確認したり、気づかれないうちに車両を変えることもあります。


 朝会った途端に、
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7936文字/本文:8822文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次