読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1170819
0
フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか 「性の商品化」と「表現の自由」を再考する
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
3 日本のセックスレス

『フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか 「性の商品化」と「表現の自由」を再考する』
[著]香山リカ [著] 北原みのり [発行]イースト・プレス


読了目安時間:30分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


アッキーは「暇な奥さま」


香山 セックスレスは暴力ではないんだけど、もし片方がそういう関係を望んでいるとしたら、それはやはりネグレクトや虐待の関係に近いと思います。特に診察室には、女性でパートナーとのセックスレスが悩みの根底にある、という人、多いのですよ。

北原 私もそう思います。セックスレスってお互いがやりたくないならまだいいけど、「妻なんて女として見られないよ」と平気で人前で言ったりするような文化は、ある種の暴力だなと思います。セックスレスって“凪”というイメージがあると思うんですけど、凪じゃないです。心の中が荒れている人がいっぱいいる。やっぱり、女の人が性的なことを言うことに対しての嫌悪があるのかな。

香山 前に、みのりさんが「東方神起のライブに行くと官能的な興奮がある」って言っていました。ああ、そうなのかって思ったんですけど、みのりさんは女の人は何歳になっても官能は必要だと思う?

北原 欲しいですよ〜! 夫婦の間に官能がない前提で生きているのが日本の置かれている状況で、それはどういうことなんだろうと思います。それを「女として見られない」「女として終わった」とか薄っぺらい言葉でしか表現されてこなかったんですよね。

香山 そうですよね。特に既婚で子どもを産んだ女性が、セックスのにおいを漂わせていること自体、不潔と思われる雰囲気さえある。夫が冗談交じりに「家庭にセックスは持ち込むな」と言ったり、「母なのにそんな露出の多い服を着るなんて」とたしなめられたり。何が原因でこんなことになっちゃったんでしょうか。そのあたり、家庭からセックスが消えていった過程や歴史、全然不勉強なんですが。

北原 安倍昭恵さんが何かと話題ですが、アッキーっていろんな象徴だなと思うんです。

香山 そうですね。かつては雅子さまがいろんな意味で日本のその時代の女性の象徴だったけど。雅子さまは、皇太子が女として大事にしている感じがありますよね。

北原 そうそうそう。

香山 「私のきれいな雅子」みたいな。

北原 皇太子は雅子さんを追いかけている感がずっとありますよね。雅子さんは女の不幸、家制度の不幸の象徴かもしれないけれど、それでもそこに皇太子の愛はある。

香山 「天皇家として恥ずかしい」とか絶対言わないじゃないですか。必ず、「雅子は」「雅子は」って。

北原 そう。雅子さんはキャリアを目指す女の象徴で、紀子さんは裏番長的な感じですが、昭恵さんの生き方ってよくわからないんです。わからないんだけど、日本の夫婦関係と女の置かれている状況の象徴っていう感じがするんですよ。

香山 します、します。

北原 これはジャーナリストで前衆議院議員の井戸まさえさんが言ってたことなんですが、「昭恵さん自身は私人だから権力はないけれども、根拠のない権力に支えられて生きてきた人だ」って。「私は権力なんか使っていません」って言っているけど、権力を使っていることすら理解せずに、お父さんや夫からもらった実体のない権力を振りまいている。だけど、政治家にはなれないし、発言権のある人にもなれない。

香山 こう言っちゃなんですが、母にもなれなかったわけで。私も子どもがおらず、母になれなかった女なので、これは決して侮蔑的な意味で言っているのではないのですが。


 昭恵さんは1962年生まれですよね。60年生まれの私と63年生まれの雅子さまのちょうど間の年なんですよ。彼女は聖心女子学院の高等科を卒業して聖心女子専門学校といういわゆる専門学校に進み、大学には行っていないのですが、社会に出る時には男女雇用機会均等法の始まりの時代で、決してもう「良妻賢母」だけが生きる道じゃない時代だったはずですよね。でも、女性のイベントで「そういう教育を受けてきたから、夫を立てて生きるものだと思っていました」と言ったりしている。なんか時代をキャッチアップできていないというか、世の中と関係のない世界で生きていてメディアにもあまり関心なかった、ということかもしれませんね。

北原 でもそれは本気で言っているんですかね?

香山 どうなんでしょうか。時代がどうなっているかにあまり関心なかったんじゃないかなと思いますが。

北原 わからないんですよね、どのくらい本気なのか。底知れない闇を感じますよ(笑)。知的じゃないし、むしろ空虚。でもその空虚さが、決して日本の女が抱えているものと無縁じゃないというか。

香山 自分の周りにブランドだけは一流のものが揃っていて、聖心の専門学校時代に東大の広告研究会に入っているんですよね。

北原 卒業後は電通に入ってるし。その世代の女性たちが憧れる記号は全て持っているのに、というか、持っているからこそなのかもしれないけど、空っぽの印象が強いです。


 昭恵さんも、少し前まで韓流好きで知られていたじゃないですか。だけど周りに何か言われたのか、ある時期から一切韓流のこと言わなくなった。普通、そういう圧力を受ける女性には同情しちゃうんだけど、昭恵さんには全く同情できない。たぶんそれは、昭恵さん自身が、痛みも、そして自分への責任も、何も感じないように見えるからかもしれない。


 だけどあの人はなんであんなに人気があったんですか。交友関係も広くて、わりといろんなところに呼ばれていったじゃないですか。芸能人や文化人から政治家までとんでもない数の人と会ってきている。

香山 どうしてその人たちの付き合いで何かが培われなかったんでしょうね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:12366文字/本文:14599文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次