読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1170992
0
なぜ飼い犬に手をかまれるのか
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
春のチョウ

『なぜ飼い犬に手をかまれるのか』
[著]日高敏隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 四季のある日本の春

 三月ももう月半ば。そろそろ春めいてくるだろうなどと思ったのは、少々甘かったらしい。この間の暖かさはどこへやら。琵琶湖のほとりのここ彦根は、昔教わった歌のように、「今日もきのうも雪の空」だ。

 でも、季節というものは争えない。四月になれば日本の中部では春になる。花冷えだとか春の雪だとかいいながら、サクラの花は咲き、春のチョウたちが姿を見せる。そしてみんなが待ちこがれていた春もあっという間に過ぎていって、まもなく人々は「暑い、暑い」といいはじめる。

 四季のある日本では毎年がこうして過ぎていくことは知っていても、「あ、また雪か、今日も寒そうだな」などと気をひきしめるようにしていた冬がゆるみ、何となく春を感じる日ざしの中で、今年初めてチョウの姿を目にしたときのうれしさは、今も昔のとおり変わらない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1267文字/本文:1626文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次