読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1170994
0
なぜ飼い犬に手をかまれるのか
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
田んぼのカエル

『なぜ飼い犬に手をかまれるのか』
[著]日高敏隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 田植えの季節とアマガエル

 今年も田植えの季節になった。

 冬の間は休んでいた田の土はおこされ、(たがや)されて、水が張られる。夜、電車の窓から眺めていて、あれ、こんなところにこんな大きな池があったかな? と一瞬いぶかるのもこの季節だ。

 そしてこれを待っていたカエルたちが、次々と田んぼにやってくる。

 やってくるのは主としてアマガエルだ。水に入ったアマガエルたちは、田んぼの隅で控え目にケロッ、ケロッと鳴きはじめる。


 恋の季節「コーラス」の競演

 田植えも終わり、整然と植えられたイネの苗が育ちはじめると、池は緑の田んぼになる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1293文字/本文:1556文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次