読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1170996
0
なぜ飼い犬に手をかまれるのか
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
ヒミズ 餌探しのふしぎ

『なぜ飼い犬に手をかまれるのか』
[著]日高敏隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


「クモの狩人」ベッコウバチ

 京都も町の中心部から少し離れると、生け垣や植え込みに囲まれた家が多くなる。そしてそのまわりには、いろいろな草がなんということなく生えた、あまり人手の入っていない空間が道路沿いに残っている。

 道を歩きながらそんな場所にふと目をやると、えっ、こんなところに? と思うような虫が何かを探していることがある。ついこの間の暑い日には、ベッコウバチがいた。その名の通りべっこう色をしたはねをもつ、かなり大きなハチである。

 ハチだから刺されたら痛いはずだが、無理につかまえようとでもしないかぎり、ベッコウバチがぼくらに襲いかかってくることはない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1448文字/本文:1728文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次