読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171000
0
なぜ飼い犬に手をかまれるのか
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
冬の寒さを意に介さない虫たち

『なぜ飼い犬に手をかまれるのか』
[著]日高敏隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 昆虫たちのさまざまな冬の戦略

 もう十二月も残り少なくなった。今年もあと何日か。テレビの気象情報を見れば、北海道・東北はもう雪だ。北陸も雪マーク。いよいよ冬になったなあ、と思う。動物たちはもうみんな冬の乾燥と凍結を避けて、どこかへ冬ごもりに入ったようだ。

 けれど動物たちの生きかたは多様である。とくに昆虫たちの冬の戦略はじつにさまざまだ。この年末の、寒い季節になって、まだ冬でない、いや冬こそ大切だという虫たちがたくさんいるのである。

 しかもそれは、今話題の地球温暖化のせいではない。温暖化などおこっていなかった時代から、冬の寒さなど意に介さない虫たちがいたのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1375文字/本文:1659文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次