読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171001
0
なぜ飼い犬に手をかまれるのか
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
四季と常夏

『なぜ飼い犬に手をかまれるのか』
[著]日高敏隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 クイズ――「沖縄の子どもたちが見たいもの?」

 先日、名古屋では大雪が降った。積雪量一七センチというから、東北、北陸のような雪国ではたいした雪ではないだろうが、名古屋で、しかも一月にといえば記録的なことである。

 沖縄の子どもたちが一度見たいと思っているものは何か、というクイズがテレビであった。答えは「雪」と「高山」と「電車」だった。たまたまその番組を見ていたぼくは、かつてインドネシアから日本にきていた留学生が、最初の冬、降ってきた雪の中で躍りまわって喜んでいたのを思いだした。

 冬の日本では、インドネシアのような「常夏(とこなつ)の国」が(うらや)ましく思える。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1417文字/本文:1701文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次