読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171009
0
なぜ飼い犬に手をかまれるのか
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
秋の鳴く虫

『なぜ飼い犬に手をかまれるのか』
[著]日高敏隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 セミの発音器、秋の鳴く虫たちの楽器

 秋は鳴く虫たちの季節である。

 コオロギ、スズムシ、キリギリス、ウマオイ、クツワムシと、名前をあげていけばきりがない。日本に「鳴く虫」は二百種ぐらいいるだろう。

 鳴く虫たちが鳴くのは彼らの繁殖戦略のためである。オスが鳴いてメスを呼び寄せるのだ。そのとき、メスのほうも小声で鳴いてオスに答える虫もいる。

 夏のセミも、同じようにオスが鳴いてメスを呼ぶが、発音のしかたがぜんぜんちがう。セミの発音器は、いうなれば太鼓やつづみのような打楽器である。ピンと張った一枚の膜を振動させて音を出す。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1411文字/本文:1670文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次