読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171024
0
なぜ飼い犬に手をかまれるのか
2
0
0
0
0
0
0
人文・科学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
来年のえと「サル」

『なぜ飼い犬に手をかまれるのか』
[著]日高敏隆 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ



 サルへの特別の感情

 来年(二〇〇四年)のえとはサルである。町にはクリスマス商品と競うようにサル・グッズが並んでいる。

 とにかくサルは人間に似ているので、人間はサルにはある特別の感情を抱くようだ。それはサルへの親近感であることが多いが、軽蔑(けいべつ)の感情であることもある。

 かつてチャールズ・ダーウィンが進化論を唱え、世界は神が(つく)(たも)うたものだと信じていた欧米の人々の心を揺すぶった。多くの人々は人間がサルから進化したと聞いて、みなそこはかとなく不安な気持ちになった。私たちはサルの子孫だって? そんなことは信じられない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1503文字/本文:1774文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次