読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1171170
0
人生で大切なこと そうでないこと 幸せの「手がかり」が見つかるいい話。
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
生死を分けるもの

『人生で大切なこと そうでないこと 幸せの「手がかり」が見つかるいい話。』
[著]太田典生 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 十九世紀に、オランダである政治犯を使ったこんな医学実験が行われたことがあるそうです。


 囚人のベッドの周りで、医者たちが「人間は、血液がどれくらいなくなったら死ぬか」という議論を始めます。その議論はやがて「大体三分の一ぐらいなくなったら死ぬ」という結論に至ります。


 その後、「それでは実験を始めます」と言って、医者がその囚人の足の指の間をメスで切り、管を通して血液をベッドの横のビーカーに流し始めます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:683文字/本文:884文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次