読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1171182
0
人生で大切なこと そうでないこと 幸せの「手がかり」が見つかるいい話。
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
我愛と我欲の重さ

『人生で大切なこと そうでないこと 幸せの「手がかり」が見つかるいい話。』
[著]太田典生 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 誰でも、自分ほど(いと)しい者はなく、自分がまず幸せになりたいと願っています。その各自の我愛と我欲の本性と本性がぶつかり合って、争いが起きるのが人間社会です。小は夫婦や親子、兄弟の(けん)()から、大は戦争まで、すべての根は同じです。


 昔、インドの王様が、「この世で、誰が一番愛しいだろう」と考えたのですが、いくら考えても自分ほど愛しい者はいません。そこで、お(きさき)様に、

お前は、この世で誰が一番愛しいか」


 とお聞きになりました。お妃様もよくお考えになった末に、

やっぱり、自分以上に愛しい者はいない」

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1253文字/本文:1513文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次