読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1171303
0
人生をうるおすいい話 小さくても大切なこと
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自分らしい死に方

『人生をうるおすいい話 小さくても大切なこと』
[著]太田典生 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 私たちは、自分の命が残り少ないと知ったとき、何を望むのでしょうか。


 奥さんを先に亡くし、六十二歳で大腸ガンの手術をしたものの二年後に再発して再手術は無理と診断された人がいました。息子さんは、「親父(おやじ)は小さいころから私を連れてよく山歩きをした。山川に親しみ、自然の楽しみ方を教えてくれた。もうそう長くは生きられないなら、親父を連れて旅行をしたい」と、先生に無理を言って父親を退院させました。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:632文字/本文:831文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く
      この本の目次