読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171512
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
恋人が「自分のもの」である理由

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 だが「所有」の究極にはもっとも理不尽な問題が存在する。他者を所有するという問題だ。これには「自分の力」も関係がある。鷲田清一はこのようにつづけて書いている。「所有されるのは物件や情報だけではない。他の人間もまた所有の対象になる」。それは「奴隷制からはじまって雇用というかたちでの労働者の所有まで、あるいは家族制度(たとえば親権)や婚姻関係(特定他者間の独占的な関係の設定)から売春行為まで、個人が別の個人の存在を(一時的であれ)所有するという局面に、〈所有〉の問題がより先鋭的なかたちで現れでていると考えられる」(前掲書)。

 この、もっとも現在的な問題は、児童虐待とドメスティック・バイオレンス(DV)の問題であろう。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1816文字/本文:2126文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次