読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1171516
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「もうなにもする気がしない」人たち

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 若い頃、どうしてみんなはあんなに楽しそうなのだろうと思った。街を歩けばだれもかれも恋人(らしきもの)がいて、釈然としなかった。といって、おれはみじめだとか、ひとりだけ取り残されているとふてくされた記憶はない。ひとりの女からも承認がやってこないというのはそれなりに(わび)しいことだったが、単純といえば単純な悩みであった。

 そういう不全感よりももう少し切実だったのは、自分の存在の核となるような手ごたえが欲しかったことである。前世代の戦争体験に匹敵するような原体験がもはや不可能であった以上、それにかわる不動の強さをもった「核」となる体験がないかとおもったのだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1298文字/本文:1580文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次