読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171520
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
棚から充実感は落ちてこない

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 生きるとは、社会のなかで、自分がなにかを「する」ことである。「する」こととは、場所が決まるということだ。なにもしないで、どんな実感ももてるわけがない。そもそも、「生きている実感」だの「リアリティ」だの「充実感」だのという言葉に引きずられすぎている。「めくるめく快感」とか「失神しそうなほどの絶頂感」とか「宇宙が爆発するような感じ」とかの言葉に引きずられて、なにをどう試みてもこれはちがう、とつねに不満をもつ女とおなじようにである。

 何百人と性行為をしようと、何百回メールを発信しようと、服や車や装飾品をいくら買おうと、そんなものはまったく「力」として蓄積しない(だから無意味だといいたいのではない)。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2062文字/本文:2363文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次