読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1171525
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自分の意味を納得する

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 仕事は、「できる」ことの社会的承認である。その「できる」ことが期待されて対価が支払われる。この「できる」ことは、自分の「できる」ことが、他人にたいしても価値をもつことを意味している。自分の能力と引き換えに、生活資金を稼ぐというこの動機は、つねに、仕事をするということの根本である。家庭をもてば、この動機は身も(ふた)もなくもっと露骨になる。

 だが、仕事を覚えていくにつれて、仕事は仕事固有の論理をもつようになる。ただ報酬のためというのではない。それ以上の魔力めいたものが仕事にはあるのである。やりがいとか、生きる意味そのものだというように。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1284文字/本文:1556文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次