読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1171542
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
自分だけの二階はもったほうがいい

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 人間がなにかをするときには、好きか、得になるか、必要か、のいずれかの動機が必要である。はっきりいって、どんな動機ももっていない人間に、二階に上がるように強いても無理である。本を読まない子どもに無理に本をあたえても読まないのとおなじだ。人間は自分の身に沁みないかぎりなにもしない。とはいえ、一階の住人は時々階段を上がり、頭だけ出して、二階を(うかが)うことは好きなのである。わたしたちは二階の見学者であり見物者であり傍観者である。興味がなくなればサッサと降りてしまうが、そのまま上がってしまうものは「市民主義者」になったりする。

 意志によって二階に上がることは可能である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1288文字/本文:1575文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次