読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1171549
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
卑怯者と弱虫ばかりの社会

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 わたしは、「まじめ」で「おとなしく」て「目立たない」子(男、女)と聞くと、無条件に好感をもつ。逆に、偶然「あいつはクソまじめだからなあ」などと他人を評している男を見たりすると、無条件にその男にたいして反感をもつ。かならずそいつの顔をみて「なんだ、ただの間抜けヅラのくせしやがって」と内心張り倒す(たいてい「間抜けヅラ」なのだ)。思いだせば、わたしは会社の面接で「遊ぶということが好きではない」と言わでものことをいい、時の社長から「そりゃ困ったね」といわれたことがあった。「遊ぶ」ことじたいは嫌いではないし、かといって遊ばなくてもべつに困りはしないが、この「遊ぶ」というじつに薄っぺらな語感と、それに付随するいじましくてケチくさい根性が嫌いなのである。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1286文字/本文:1612文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次