読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171551
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
最後に勝つのではなく最初から勝つ

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 宮城谷昌光が描く古代中国の戦略家「楽毅」は、理想的な「まじめ」の姿である。その楽毅の妻孤祥が息子の楽間についてこのように語る。


 間(楽間のこと……引用者注)は手のかかる子ではない。おとなしい。おとなしいということは、陰気であることとはちがい、自我の露呈を恐れる心をもっているということであり、幼児の世界しかみえない目とはちがう目で、ほかの世界をとらえているがゆえに、恐れる心が育つのであり、かえってかしこさのあかしである。
(宮城谷昌光『楽毅』第四巻、文藝春秋) 


 より広い世界、より広くより強い人間がいることを知り、そのまえでは卑小な自分の「自我」が露呈することを恐れる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1955文字/本文:2242文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次