読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1171563
0
「自分の力」を信じる思想
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
努力することの意味

『「自分の力」を信じる思想』
[著]勢古浩爾 [発行]PHP研究所


読了目安時間:5分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 佐藤俊樹は『不平等社会日本』(中公新書)で、現在の日本社会では「ホワイトカラー雇用上層(専門職と管理職の被雇用)」、つまり知的エリート層の部分が固定層化して子どもによる階層相続が強まっているのではないかといっている。その結果、この社会は「いわば、『努力すればナントカなる』社会から『努力してもしかたがない』社会へ、そして『努力をする気になれない』社会へ」なりつつあるのではないか、と。

 この仮説の是非をめぐっては論議があるが、ここではそれを正しいと受け止めてみる。佐藤の調査によれば、知的エリート層には実績主義者が多く、自営者層には努力主義者が多いということだが、そこでわたしがいいたいことは「で、それがどうしたのか」ということだ。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1752文字/本文:2069文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次