読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1172034
0
抱きしめよう、わが子のぜんぶ(大和出版) 思春期に向けて、いちばん大切なこと
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
他人に甘えられる、依存できることが自立につながる

『抱きしめよう、わが子のぜんぶ(大和出版) 思春期に向けて、いちばん大切なこと』
[著]佐々木正美 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


●あなたは他人に安心して頼れますか? 頼られますか?


 思春期は親の保護のもとから巣立っていく、自立の準備をする時期です。この章では子どもの自立について考えてみたいと思います。


 そもそも、自立とは、どういうことをいうのだと思いますか。


 自分一人で生きていけることだと思いますか。たしかに、国語辞典には「ほかの援助や支配を受けず自分の力で身を立てること」とあります。


 けれど、もしそんなふうに思っている方がいらっしゃったら、少し立ち止まってみていただきたいと思います。


 親も子どもも、自立ということを間違って解釈しているのではないでしょうか。親が子どもに求める自立は、「一人で立って生きなさいよ」という厳しいものです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1465文字/本文:1772文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次