読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1172304
0
人生を変える過去世セラピー
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第6章 この人生で何をしたいのか──人生の目的

『人生を変える過去世セラピー』
[著]大野百合子 [発行]PHP研究所


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

何のために生まれてきたのか──日々の生活に意味を見出せない時、理不尽な出来事によって大切なものを失った時、人は人生に対して根本的な問いかけをします。しかし、どんな状況も本来自分で設定し、自分で呼び寄せたこと。実は、なすべきことはそこからスタートするのです。

ケース1
本当に望む道に進むための試練
「すべてを失ってからの再出発」 君塚保さん(45歳)


 ずっとエリートできた君塚さん。一流大学を卒業して、大手のデパートの管理職バイヤーとして働いてきました。チームリーダーとして、また先を見とおした企画力を高く評価されてきましたが、会社側の大きな社会的ミスの責任を一人でとらされるはめになり退職させられました。

 今まで築き上げてきたキャリアが一瞬のもとに崩れました。仕事人間だった彼に対して、妻も不満があり、このことをきっかけに実家に戻って今は別居状態です。
「今すべてを失ってどうしたらいいのかわからない。何のために生まれてきたのかを考えています」と、セッション前におっしゃっていました。

 何のために生まれてきたのか……今世の目的を知りたいということです。私たちは生まれる前に、今世で何を達成したいのかを決めてきます。


 今世の目的を知るには、中間世の今世に生まれる前の場所に誘導します。今世のまま、年齢退行を進めて、時間をさかのぼって母親のお腹にはいる前に誘導することも可能ですが、慣れていない場合は難しい場合があります。

 そのために、いったん今世の目的ともっとも関係の深い過去世という形で誘導するか、幸せに終わった過去世に誘導します。その転生を終えて、過去世の肉体を離れてから、今世が始まる前に移動したほうが体験しやすいのです。特に幸せに過ごした過去世は、ほとんど課題や問題になるような強い感情を持ち越していないので、楽に今世が始まる前のプランニングステージへと移動できます。


 君塚さんは、このようなセッションをするのがまったく初めてだったので、シンプルにとても幸せで穏やかに終わった人生へとまず誘導しました。


 穏やかな気候のおそらく南フランスのあたり。ブドウ農園がたくさんある場所で彼はラベンダーを栽培していました。丘に広がる広い畑に、いっぱいラベンダーを育て、収穫している農家の家長です。

 最初にはいった場所は、まだ彼が幼いころのラベンダー畑。蝶々を追いかけてひたすら走ったりころげまわったりしています。やがて大人になり、畑を受け継ぎ、やさしい妻と結婚して3人の子供たちに恵まれました。文字通り、大地にしっかりと足をつけて、太陽と月のサイクルと共に歩んでいく人生。雲の形を見ては明日の天気を知り、一日の仕事が終わったあとは、ワインと共に、温かいスープとパン、そして家族や友人たちとのおしゃべりが御馳走の夕食が待っています。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5970文字/本文:7129文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次