読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1172727
0
聞け! 是清の警告 アベノミクスが学ぶべき「出口」の教訓
2
0
0
0
0
0
0
政治・社会
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
国債の動きがアベノミクスのキモになる

『聞け! 是清の警告 アベノミクスが学ぶべき「出口」の教訓』
[著]久保田博幸 [発行]すばる舎


読了目安時間:15分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆アベノミクスのセンターは日本国債


 2013年のAKB48の総選挙では1位に指原莉乃さんが選出され、最新シングル曲でセンターを務めるそうです。AKB48は国民的アイドルグループだけに、この総選挙の結果も大きなニュースとなっていました。これだけ盛り上がっているのは、秋元康さんという敏腕プロデューサーに依るところが大きいと思われます。


 それではアベノミクスでは誰がセンターなのか。

 それはもちろん総合プロデューサーの安倍晋三首相であり、麻生太郎財務省、甘利明経済再生担当相とともに、浜田宏一内閣官房参与、本田悦朗内閣官房参与、そして黒田東彦日銀総裁と岩田規久男日銀副総裁あたりが、いわゆる「神7」ということになるのでしょうか(神7とはAKB総選挙の17位までの主力メンバーのこと)。

 それでは、アベノミクスで「誰が」というより、「何が」センターにあたるのでしょうか。安倍首相は金融政策、財政政策、成長戦略の「三本の矢」を挙げていますが、そのなかでも「大胆な金融政策」がその支柱になっています。それにより円安を加速させて、株価の上昇を計るという、今考えれば安倍晋三自民党総裁は、秋元康プロデューサーに負けないくらいのイベント・プロデューサーです。

 その大胆で異次元の金融緩和策の中心となったのは何であったのか。2%の物価目標というのは、あくまで目標に掲げたものであり、それを達成するために駆り出されたものが、日銀による大胆な国債購入です。

 これは安倍プロデューサーによる衆議院解散が決まった後の街頭演説等で、「建設国債をできれば日銀に全部買ってもらう」との発言からも明らかです。

 実際には建設国債だけを日銀が購入するのは技術的に無理なので、発行される国債の全部ではないが7割程度を購入することになりました。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:6367文字/本文:7119文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次