読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
-2
kiji
0
0
1173061
0
離婚を考えたときに読む本
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
Part1 離婚する前に考えておきたいこと

『離婚を考えたときに読む本』
[著]新川てるえ [発行]PHP研究所


読了目安時間:23分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

離婚したい理由は、なんですか?




 私は三度の離婚経験者ですが、「離婚の理由」を尋ねられても、ひと言では語れません。理由は一つではないからです。したがって「いろいろあったけれど性格の不一致ですね」と答えることが多いのが“現実”です。


 おそらく離婚している多くの女性に聞いても同じなのではないでしょうか。決定的な理由が一つあるにしても、離婚の決意に至るまでには、さまざまなすれ違いが重なり、我慢した挙句に「もうやっていけない」と思い至るのでしょう。


 インターネットで行なったアンケートでも、それがわかります。一〇〇人の女性を対象に実施したのですが、「あなたが離婚したい理由はなんですか?」という質問に、「浮気」「借金」「性の不一致」「暴力」「価値観の違い」「親との関係」「親戚との関係」「将来への不安」「精神的暴力」と複数の回答を用意したところ、どれか一つだけを選んだ回答はほとんどなく、多くの女性が複数の理由を選択していたのです。


 何かのきっかけが端緒となって夫に嫌気がさし、それが積み重なって、「離婚する」または「いつかは離婚したい」と強く思う──それが、多くの場合の実情です。


 離婚を考えたら、“離婚したい本当の理由”を一度整理して、じっくりと考えてみましょう。



 ・あなたは結婚生活に何を求めてスタートしましたか?


 ・いつの時点で、どの出来事で、夫に対して不信感を抱きましたか?


 ・不信感を抱きながらも今まで離婚を思いとどまっていたのはなぜですか?



 こうして自分の結婚生活を冷静に振り返ることによって、頭の中がしっかりと整理されてきて、「本当に離婚してもいいのか?」「そのタイミングはいつなのか?」などがはっきりしてきます。


 あなたが離婚したい理由を、一度、冷静に整理して考えてみましょう。結婚からの時系列などを一覧にしてまとめておくと、のちに離婚相談や調停などのときにも役に立つのでおすすめです。

離婚のメリットとデメリット



「なぜ離婚したいのか?」を自分なりに整理できたら、次は、これから離婚した場合のメリットとデメリット、その解決方法などを考えておきましょう。


 インターネットで一〇〇人の女性に聞きました。参考にしてみてください。


メリット


 ・家庭内が気楽になる。


 ・夫婦喧嘩を子どもに見られることがなくなる。


 ・自分の責任で日常生活を送ることができる。


 ・収入(支出)でモメることがなくなる。


 ・恋愛もできるし、気兼ねなく好きなことができるようになる。


 ・我慢やストレスを抱える生活から解放される。


 ・自分を取り戻せる。


 ・夫と義家族(特に義母)からの圧迫がなくなり、精神的な安定が得られる。


 ・「自分」を深く考える機会になり、結果、自分のやりたいことを自分らしく実現できるようになる。


 ・子どもも自分も怯えることなく、笑顔で生活できるようになる。


 ・離婚しようとしたときの、周囲の人たちの反応で「人となり」がよくわかって、今後つきあっていくべきかがわかる。


デメリット


 ・経済的不安でつぶれそうになる。


 ・子育てと仕事の両立は、精神的・経済的にきつい。


 ・子どもから父親を奪ってしまう。


 ・残業や出張など、仕事で実家や子どもに負担をかけてしまう。


 ・運動会や保護者参観日などで、子どもに寂しい思いをさせる。


 ・離婚の諸手続きが面倒。


 ・離婚による子どもたちの精神的ダメージが心配。


 ・親に心配をかける。


 ・関係のよかった相手の親と縁が切れてしまうのは残念。


 ・世間体が悪い。


 ・生活の不安と老後の寂しさ。


 ・夫との嫌な記憶がトラウマになり、男性恐怖症になってしまいそう。


 ・周囲からの不必要な詮索にうんざりしそう。


 ・何もかも失うこと。名前、住居を含めて、すべてをやり直すのに、大変なパワーが必要。仕事を取り戻し、生活を立て直すのは、並大抵のことではない気がする。



 自由で気楽になる反面、経済的な不安や子育ての不安、老後の不安、また、離婚手続きの大変さなどイメージされることがたくさんあります。今後、離婚を目指すなら、デメリットをどう攻略するかを考えて、離婚準備をしていくことが大切です。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:9395文字/本文:11090文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次