読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1173832
0
[新訳]孫子
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第2篇 作戦

『[新訳]孫子』
[訳]兵頭二十八 [発行]PHP研究所


読了目安時間:11分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

孫子いわく

 およそ大遠征を行ないますには、馬で曳かせる戦車が数十数百台、物料運搬用の荷車が数百数千台、人員の装具や武器は数千数万も必要になります。しかもその軍隊を、300km〜500kmも推進するあいだ、糧秣(りようまつ)の補給を絶やすことができません。部隊がわが国境内にあるうちから、重い負担がかかるのであります。

 わが軍に協力を申し出た異邦人部隊へも、ただちに現金・現物の支給をせねばなりません。

 弓矢の製作に不可欠な(にかわ)や漆、車輛や装具の材料も、国内の領民に供出させることになります。

 戦争がおわるまで、こうした厖大な財政費出は、1日も止めることができないのであります。

 そのようにして、はじめて大規模な遠征をおこせるのだということを、ゆめ、忘れてはなりますまい。

兵頭いわく

 この「作戦」では、すでに算の結果、開戦と決断された後、いよいよ、ゼロから戦争を準備し用意を整える、そのさいの注意点を、説くのであります。

 戦争をなしとげますには、まず、準備から立ち上げねばなりません。これが「作」の意味であります。「オペレーション」の意味ではありません。
荻生徂徠は、原典に「千里」とあるのを、これは「大数」であろうと解釈しつつも、念のため考証学的な換算も試み、その上で、だいたい人が歩いて10日かかる距離にほぼ一致するのだろうと書いております。兵隊が所帯道具を持って連続して歩けるのは、1日に3040kmくらいではないでしょうか。もちろん、シナ古代の1里と日本近世の1里は違う長さなのであります。
シナの弓は、合成弓と申しまして、水牛の角、羊の腱、材木等を、膠の接着力で層状に張り合わせて、コンパクトなサイズながら強靭な弾発力を発揮するのであります。ただし膠は高温や多湿の環境では溶解してしまいますゆえ、防湿のために、外側に漆を塗らねばなりませぬ。材料あつめからして、たいへん手間のかかるものですから、8世紀に吉備真備(きびのまきび)(生695?〜没775年)らが唐からその製法を学んでまいりましても、とうとう本朝では普及をしなかったほどなのであります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4593文字/本文:5475文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次