読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
100
kiji
0
0
1173839
0
[新訳]孫子
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第9篇 行軍

『[新訳]孫子』
[訳]兵頭二十八 [発行]PHP研究所


読了目安時間:12分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

孫子いわく

 遠征軍の行軍途上での場所の選び方がいろいろとあります。また、敵部隊をくわしくみやぶる方法を、お話しします。


 山地を通過するときは、谷地をつたっていきなさい。ただしキャンプは、河原ではなくて、隷下(れいか)部隊が生命をやしない得て、しかも少し高くなっている地面に張りなさい。

 移動中にもし、高い場所から降りてくる敵部隊と遭遇した場合には、傾斜を登りながら合戦しようとしてはいけません。

 これが、山地における遠征軍の注意すべきことです。


 川をわたったら、水辺にかたまってぐずぐずしないで、広い縦深(じゆうしん)を占領し、部隊機動の弾力性を確保し、斥候(せつこう)を放ち、部隊のかくれ場所や、陣地にできるところをみつけなさい。

兵頭いわく

 理由は、とつぜんあらわれた敵によって、(われ)の「半渡」を逆襲され、殲滅(せんめつ)される恐れがあるからです。


 敵部隊がもし川を越えて此岸(しがん)へやってこようとしたら、敵の先頭がまだこちらの岸に達しないうちは、わが部隊をかくしておきなさい。そして、敵部隊の約半数ほどがわたりおえたところをみはからって、一挙に(われ)の部隊を川へ向けて突撃させなさい。

 すると、敵には機動・展開の余地がなく、後詰めが前衛を救援することもできないため、パニックにおとしいれてやりやすく、有利なのであります。

 敵の渡河を阻止しようと思ったら、こちらの岸ぎわに(われ)の部隊をぴったりとはりつけていてはダメです。必ず川岸からは間隔をおいて守るようにしなさい。

兵頭いわく

 敵は真の渡河点を(われ)にさとられまいとして、上流や下流の数箇所で、陽動してきます。それに対して(われ)が弾力的に処置するには、わが部隊は、岸からは離れていた方がよいはずです。

 もし岸に接して(われ)の部隊を配置していれば、上流や下流でひそかに渡河した敵の支隊がうしろに廻りこんだとき、(われ)はおしまいです。

 また、こちらが横に広く薄く分散しているところを、敵は一点に集中して突破し、(われ)を逆包囲することだってできるでしょう。


 キャンプは河原ではなく、少し高いところで、しかも部隊を養いやすいところに設定し、もし川の上流方向から急な攻撃を受けたときは、あくまで高地によって抗戦するか、高所へしりぞきなさい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:4825文字/本文:5786文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次