読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1174073
0
面白くて眠れなくなる解剖学
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
お腹の中にあるエプロン

『面白くて眠れなくなる解剖学』
[著]坂井建雄 [発行]PHP研究所


読了目安時間:7分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

小腸はいい加減に収まる


 お腹の壁が取り除かれた腹部の表面は、脂肪をたくさん含んだ「大網」という薄い膜で覆われています。この大網はエプロンのようなもので、上の部分は胃からぶら下がっていますが、下の部分はどこにもくっ付いていないのでペラペラしています。


 大網の役目は、腹部のどこかに炎症が起きても、それが広がらないように包み込んでくれることだと考えられています。


 大網をめくり上げると、小腸と大腸が見えてきますが、実際には解剖図のようにきちんとお腹に収まっているわけではないので見分けがつきません。大腸の大部分は結腸で、その特徴は結腸ヒモという縦に走るヒモが見えるため、それを手掛かりにして区別していきます。



 小腸と大腸がわかったところで、小腸をぐっと持ち上げて右側に寄せてしまいます。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2813文字/本文:3154文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次