読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1174264
0
世界の常識vs日本のことわざ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
11 世界はどこでもGive & Take

『世界の常識vs日本のことわざ』
[著]布施克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

情けは人のためならず


 人に情けをかければ、いつか必ずその恩恵が自分にめぐってくる。情けは他人のためではなく、結局は自分のためになる。それがこのことわざの意味だが、外国人に対しても、このことわざは有効である。人づきあいの基本は世界共通だ。

 どこかの国で地震などの災害が発生すると、各国が救援隊や救援物資を送る。支援国は、将来、自国が災害に襲われたときに他国に助けてもらうために、災害国を救援するわけではない。そのような下心抜きで、国際間の相互救援体制は成り立っている。

 日本もいままで、海外で大災害が起こるたびに、積極的かつ機動的に救援隊や救援物資を送ってきた。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1576文字/本文:1856文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次