読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1174273
0
世界の常識vs日本のことわざ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
20 減点主義から抜け出そう

『世界の常識vs日本のことわざ』
[著]布施克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

弘法にも筆の誤り/猿も木から落ちる/上手の手から水が漏れる


 日本には、この類のことわざがいくつもある。ほかにも、「河童(かつぱ)の川流れ」ということわざがある。あることにいくら熟達した人でも、必ず過ちを犯すことがある。人間は神と違うのだから、完璧ということはありえない。これは世界共通の認識だと思う。

 そのわりに、「弘法にも筆の誤り」などと類型のことわざが外国には見当たらない。それは、当たり前すぎるからだろうか。「Nobody is perfect.」(完璧な人間はいない)ですませれば、あえてことわざにする必要はないのかもしれない。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1578文字/本文:1846文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次