読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1174275
0
世界の常識vs日本のことわざ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
21 旅先の恥は世界を駆けめぐる

『世界の常識vs日本のことわざ』
[著]布施克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

情報化やグローバル化が世界の様相を変えている。その過程で、日本のことわざが教える行為や価値観、そして、ビジネスの手法が世界に通用しなくなってきた。それらの現象のなかには、日本人が乗り越えなくてはならない課題が多く含まれている。この章では、グローバル化で通じなくなったことわざを見ていこう。

旅の恥はかき捨て


 旅に出ると、解放感に包まれる。「世間の目もここまでは届かない。いっちょう派手にやるか!」となる。周囲に知った人のいない旅の空、ついついハメを外しがちになる。だれも見ていなければ、恥もここだけのことで終わる。ましてや海外なら、絶対に大丈夫……。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1661文字/本文:1935文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次