読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1174286
0
世界の常識vs日本のことわざ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
31 こぼれた水もいつかは盆に返ってくる

『世界の常識vs日本のことわざ』
[著]布施克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

地球は狭くなったと言われるが、そんなことはない。そこに住む人と社会の多様性を考えれば、地球はまだまだ広い。人びとの観念や習性、そして、人づきあいの方法やルールはそれぞれ違う。社会を流れる時間の速度や、その構造も多彩だ。同じ日本のことわざでも、世界には通用するところもあれば、そうでないところもある。

覆水盆に返らず


 このことわざは、取り返しのつかないことをしたときに使われる。もともと中国の故事で、復縁を迫る女性に対する男性側の拒絶の言葉として使われた。もちろん、女性が男性を断るときに使ってもかまわない。

 英語でも、「It’s no use crying over spilt milk.」(こぼれたミルクを嘆いてもしかたがない)という同義の言葉が知られている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1536文字/本文:1867文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次