読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1174291
0
世界の常識vs日本のことわざ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
36 部下は飼い犬じゃない

『世界の常識vs日本のことわざ』
[著]布施克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

飼い犬に手を噛まれる


 日本人は、上下関係を尊重する民族である。「長幼の序」を重んじるとともに、相手の身分の高低をみずからと比較して、言葉遣いや立ち居ふるまいに気を配る。最近は揺らいでいるが、年功序列制度は組織を支える主要な柱の一つだった。

 乱世に散見された下剋上(げこくじよう)や、寝首をかくなどの行為は、「まさか!」の出来事であった。平和な現代においては、役員が突如、社長の解任動議をいっせいに提出するといった事件がたまにある。最近では、内部告発という手法で、上層部の違法行為を外部に訴えたりもしている。

 それでも、「飼い犬に手を()まれる」ということわざには意外性が強く込められている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1561文字/本文:1858文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次