読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1174294
0
世界の常識vs日本のことわざ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
39 世界の多彩な時間感覚を学ぶ

『世界の常識vs日本のことわざ』
[著]布施克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

待てば海路の日和あり/果報は寝て待て


 いつも何かに追われて生活している傾向のある日本人は、何でもやることが速い。期限があれば、きっちり守る。速く正確に物事を片づけるための工夫を、つねに怠らない。

 しかし、効率性や迅速性を追求するあまり、失敗を犯すこともある。そこで、拙速を(いさ)めるために、「()いては事をし損じる」「急がばまわれ」「石の上にも三年」「桃栗三年柿八年」「あわてる乞食は(もら)いが少ない」というようなことわざがたくさんあるのだろう。

 拙速を戒めることわざは外国にも多い。ギリシャでは、「急ぎは失敗の母」と言われる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1505文字/本文:1775文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次