読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/9/29 UP)

犬耳書店は、姉妹店のRenta!(レンタ)へ統合いたします。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1174301
0
世界の常識vs日本のことわざ
2
0
0
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
45 出ない杭は踏まれ、鳴かない雉は無視される

『世界の常識vs日本のことわざ』
[著]布施克彦 [発行]PHP研究所


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

出る杭は打たれる/雉も鳴かずば撃たれまい


 謙虚さがさほど評価されないとなれば、目立つしかない。でも、目立てば、攻撃の対象になりやすい。嫉妬(しつと)は世界じゅうの人間社会どこにでもある。栄誉と称賛に包まれる人は(ねた)まれる。英語にも、「Envy (Jealousy) is the companion of honor.」(嫉妬は名誉の連れ)という言葉がある。

 日本は、均一性が行きわたる単眼的価値観におおわれた社会だ。その社会体質がつくりだす基準や標準が世間を貫き、人びとはそれらを気にしながら日々の生活を送っている。人物評価は、その人が位置する社会の基準や標準をベースに行われ、各人のもつ個性や、才能、人となりの評価は二の次になる。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1598文字/本文:1918文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次