読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1175554
0
アタリマエに願いをかなえていく人の開運習慣 神様に愛されるのは、どっち?(大和出版)
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第4章 願いを着実にかなえていく人は、どっち?

『アタリマエに願いをかなえていく人の開運習慣 神様に愛されるのは、どっち?(大和出版)』
[著]日下由紀恵 [発行]PHP研究所


読了目安時間:19分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

神様とのパイプを太くする、「ちょっとした習慣」


幸運を呼び込む「見えない力」の活用術



 宇宙エネルギーってご存じですか?


 宇宙エネルギーとは宇宙から降り注いでいるパワーのこと。


 この宇宙エネルギーが気の詰まりを取り去り、神様とのパイプを太くしてくれるのですが、「アタリマエのように願いをかなえる人」はこの宇宙エネルギーを取り込むのが上手なんです。


 宇宙エネルギーだけじゃありません。運の流れに乗っている人は、こうした「目に見えない力」をうまく使っています。


 この章では、そんな「目に見えない力」のちょっとした活用法をお伝えします。場所取りや普段の心がけ、誰も見ていないときの行動など、「え? こんなことが関係してるの!?」と驚かれるかもしれませんね。


 それではさっそく質問です。



タダで浄化と元気を手に入れる方法



 太陽の写真をご覧になったことはありますか?


 太陽の写真にはときおり、エメラルドグリーンやマゼンタピンクの光が写り込んでいる場合があります。



 エメラルドグリーンは浄化の神様の光。


 マゼンタピンクは願いをかなえる神様の光。



 たとえ写真に写っていなくても太陽光にはこの大事な光線がたっぷりと含まれています。この光線は宇宙エネルギーの塊。宇宙エネルギーは邪気を払い、気の詰まりを取り、神様とのパイプを太くしてくれます。


 とくに朝、この光を顔や体に1分間浴びるのがオススメ。


 イヤな感情が浄化され、ふと思ったことがどんどんかない出します。


 シミシワを作るデメリットよりも何倍ものメリットがありますよ。


 たとえば、今まで「落ち込んでいるとき、さーっと日が差してきて元気が出た」「トラブルの渦中にいるとき、雲間からこぼれる光を見て希望が湧いてきた」なんてことはありませんか?



 実は太陽は目に見える神様なんです。


 ふと気になる光というのは神様があなたに話しかけている瞬間。



 神様を味方にするには、太陽の光を楽しみ、それを喜ぶこと。そうすると、サッと現れて、向こうから話しかけてきてくれるようになります。


 そして、一段と強力な効果があるのが「神社で浴びる太陽光」です。


 疲れて頭が働かないとき、人間関係で行き詰るとき、もう何もかもイヤになっちゃったとき……ぜひ神社へ行って太陽を浴びてみましょう。


 浄化が断トツ早く進みますよ。


 また、光と同様、大事なのが、「影」。


 影とは自分の心の中の触れたくない部分、人にオープンにするのをためらう部分です。あなたにもそんな「影の部分」はありませんか?

「影の部分」を見つめるのはつらいです。しかし、つらい経験をあえて思い出し、どれ程苦しかったか、悔しかったか、悲しかったか、怖かったかを感じてみることは、浄化を進める上でとても有効です。

「思い出す」とは、心の底に沈んでいた古いエネルギーを掘り起こし、太陽の光に当てることと一緒。太陽の光はあなたの悲しみを癒す温かさと、古いエネルギーを焼き尽くしダイヤの輝きに変える力強さを持っているのです。



  A 年を取れば取るほど、太陽を浴びる!


  ポイント


  太陽の光には宇宙エネルギーが詰まっています。ときどき感謝して浴びてみましょう



ダイエットの天敵は「後悔」



 ひと口に「願い」と言っても色々。

「カフェを経営して、お客さんを笑顔にしたい!」

「ソウルメイトと出会って、最高に幸せな結婚がしたい!」


 というような人生を揺るがすような大きな願いもあれば、「あと3キロ痩せたい」なんていう小さな願いもありますよね。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:7805文字/本文:9241文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次