読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1176649
0
出身地でわかる 性格事典[都道府県別]
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
北海道

『出身地でわかる 性格事典[都道府県別]』
[著]矢野新一 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

所得は全国二十八位だが、預貯金の順位は低く、コツコツためるというより、パーッと使ってしまうほう。離婚率が沖縄に次いで二位と高いのは、女性の自立心が強いから。アルコールは十位と飲むほう。


姓ベスト5=佐藤・高橋・佐々木・斉藤・鈴木

 いわゆる“よそもの”が入ってきた地域だけに、全国で多い姓が並ぶ。とくに東北がルーツだけに、東北に多い佐藤、佐々木が多い。高橋、斉藤は東日本に、鈴木は関東に多い姓。ただし、小樽は渡辺、稚内は吉田が多い。

男性のタイプは?
性 格 フロンティア・スピリッツ(開拓精神)のイメージがあるが、物静かでおとなしい感じの人が多い。人はいいが、遊び好きの一面があり、盛り場での飲食や女性関係に浪費する傾向がある。札幌圏は開放的で淡泊。函館や小樽は、北海道でも歴史のある地域だけに保守的。内陸部は粘り強い人が多い。
《ワンポイント・アドバイス》これからは「自己責任の時代」。誰も助けてくれない。老後のことも含めて、少しは人生設計を考えなくては。
仕事ぶり マイペースで仕事をするタイプが多い。もともと出世欲がないので、大手企業に入るよりも、ベンチャービジネスで成功する人が多い。

 職種では、営業より企画向き。出版・編集や放送といったマスコミなどに向いている。内陸部は、地味だが根性のある人が多く、営業・販売向き。
恋愛・結婚 恋愛には積極的ではないが、結婚するのは比較的早い。これは、女性に迫られて結婚することが多いため。ロマンチストで、女性にやさしいが、人によっては物足りなく感じられることも。結婚しても、自分の趣味を続けるタイプが多い。

女性のタイプは?
性 格 色白の美人が多いが、開拓時代から男性と対等に働いてきた歴史があるため、いかにも「オンナオンナ」している女性は少ない。明るくて芯が強く、ハキハキして、物怖じせず、迫力がある。稽古事にも熱心で、ファッションにも関心が強い。
《ワンポイント・アドバイス》時代の先端をいく女性像といっていい。もう少し協調性と経済観念があれば、いうことなし。パートナー選びは慎重に。
仕事ぶり 大ざっぱなところはあるが、テキパキと仕事をする“できる”タイプが多い。新しい仕事にも意欲的。ただし、自己主張が強く、協調性に欠けるのが欠点。
恋愛・結婚 人見知りせず、恋愛に関しては積極的。結婚すると、会社をやめて専業主婦になり、気弱な男性をリードする姉さん女房になる。ただし、やさしいだけの男性だと離婚されることも。ムダ遣いも多いが、教育ママになることはない。

禁句・タブーは?

 保守的なものをムリヤリ押しつけないこと。きちんとした説明が必要。札幌以外の地域は札幌に対する反発が強いので、札幌をあまりほめるのは禁物。

殺し文句は?

 北海道の雄大さや食べ物をほめること。温泉(広さや混浴など)やファッションの趣味をほめるのもいい。

有名人は?

 大黒摩季(札幌市)、GLAY(函館市)、井上靖(旭川市)、熊川哲也(旭川市)、玉置浩二(旭川市)、小野寺昭(帯広市)、中島みゆき(帯広市)、沢田亜矢子(北見市)、森田公一(留萌市)、若松勉(留萌市)、牧村三枝子(美唄市)、飛鳥涼(千歳市)、北島三郎(知内町)、伊吹吾朗(熊石町)、細川たかし(真狩村)、毛利衛(余市町)、渡辺淳一(上砂川町)、ポール牧(天塩町)、田中勝春(三石町)、松山千春(足寄町)


札幌圏の人(札幌、江別、恵庭、千歳、北広島、石狩など)とのつき合い方


男性の攻略法は?

 まわりくどい言い方をせず、「あなたのこんなところが好き。つき合って」とダイレクトに気持ちを伝えるほうが効果的。人がいいから、攻めて攻めて攻めまくれば何とかなる。メイクやファッションは女っぽさを強調し、おしゃれで実用的なステーショナリーなどを贈ると喜んでくれる。
《他県出身女性との相性》

 …千葉(南部・東部)、東京、沖縄 …茨城(北部)、島根(出雲)、佐賀(南部)

女性の攻略法は?

 古い道徳にとらわれず、何にでも興味を示すので、単刀直入に誘うことが成功の秘訣。デートはカジュアルなファッションで。ダサイ男は嫌われる。デートスポットはトレンディなところがポイントが高い。
《他県出身男性との相性》

 …埼玉、東京、神奈川 …岐阜(美濃)、岡山、佐賀(南部)

ビジネスを円滑にするには?
上 司 進取の精神があり、クールな判断もできるが、一匹狼型で決断力に欠けるきらいがある。上司然としていばるタイプは少なく、おおらかで、細かいことはあまりいわない。仕事さえきちんとやっていれば評価してくれる。
部 下 自分の考えをしっかりと持っているため、協調性に欠けるきらいも。マイペースだが、仕事はきちんとこなすので、ガミガミいわず、余裕をもって接するのが一番。プレッシャーをかけすぎると、立ち直るのに時間がかかる。
顧 客 人間関係重視型ではないため、条件さえ合えばビジネスは容易。逆に、昔から取引しているからといっても安心はできない。損得を合理的に考え、少しでも有利なほうへ乗り換える。新しいモノ好きなので、新製品や新提案などを武器にするといい。鼻っ柱の強い顧客が多いので、下手に出るのが無難。
《他県出身者との相性》

 …東京、神奈川、富山(呉東) …山梨、長野、岐阜(美濃)


港町の人(函館、小樽、室蘭、苫小牧、根室、釧路など)とのつき合い方


男性の攻略法は?

 ストレートに気持ちを伝えればいいが、ベタベタせず、ちょっと距離をおいたほうが関係は長続きする。ただし、浮気っぽいところがあるので要注意。メイクやファッションはハデめに。新製品のプレゼントが効果的。デートスポットはトレンディなところがグッド。
《他県出身女性との相性》

 …青森(西部)、岩手(沿岸)、秋田 …長野、岐阜(美濃)

女性の攻略法は?

 気さくだから、あれこれ考えずにストレートに想いを伝えるのが一番。ただし、センスのない男は嫌われる。情熱に弱いから、攻めまくるのがいい。電話やプレゼント攻勢も効果的。デートスポットはムードのあるところがベター。
《他県出身男性との相性》

 …神奈川(横浜旧市街)、兵庫(東部) …愛知(三河)、岡山

ビジネスを円滑にするには?
上 司 頑固で柔軟性に欠ける面があるので、一見、とっつきにくく見えるが、義理人情型で、面倒見もいい。細かいこともいわないから楽。なれなれしくせず、報告などをきちんとしておけばOK。
部 下 新しい仕事には意欲的に取り組む。持続力や協調性にはやや問題がある。批判精神が旺盛なので使いにくいが、おだてるとその気になりやすいから、ときどき意識してほめること。
顧 客 函館や小樽の顧客は「信用第一」なので、まず信用してもらうこと。相性が合えば、信頼関係ができるまでに時間はかからない。新しいモノ好きなので、新製品や新情報の提供を。ただし、室蘭と苫小牧は仲が悪い。
《他県出身者との相性》

 …東京、神奈川(横浜旧市街)、富山(呉東) …長野、岡山


内陸部の人(旭川、帯広、北見など)とのつき合い方


男性の攻略法は?

 ちょっと重い感じの人が多いので、少し時間をかけて接近したほうがいい。親しくなるまでは、何事にも控えめのほうがベター。メイクやファッションはチャラチャラしたものは避け、落ち着いたもので。
《他県出身女性との相性》

 …岩手(内陸北部)、山形(内陸部)、福島(会津) …埼玉、大阪、福岡(筑前)

女性の攻略法は?

 旭川は北海道のなかでも美人が多いところとして評価が高い。男性に比べて開放的なうえ、度量が広いから、どんなタイプでも嫌われることはない(といって、誰でも好かれるわけではないが……)。正攻法で迫ればいいが、母性本能をくすぐるのが効果的。
《他県出身男性との相性》

 …青森(東部)、岩手(内陸北部)、栃木 …大阪、兵庫(西部)

ビジネスを円滑にするには?
上 司 見かけ以上に骨っぽい。好き嫌いがはっきりしているので、いったん嫌われると後々まで大変。ただし、評価している相手に対しては面倒見はいい。おだては効果がないが、ミスをしないよう、きちんと仕事をするのが一番。第一印象が意外に重要。
部 下 地味だが、コツコツ仕事をする。道内では、粘り強さは一番。義理人情型で、「部長・課長のためなら」というタイプが多い。ミスしたときなどにかばってやると、心意気に感じて全力投球する。
顧 客 根性がある。人間関係重視型なので、コネがあれば活用したほうがいい。価格志向が強いが、まずは人間関係づくりから始めること。札幌への対抗意識を持っている顧客が多いので、札幌をほめるのは禁句。
《他県出身者との相性》

 …青森(東部)、岩手(内陸北部)、栃木 …千葉(南部・東部)、静岡(東部)、福岡(筑前)
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:3556文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次