読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
30
kiji
0
0
1177077
0
歴史を動かした意外な人間関係
2
0
0
0
0
0
0
歴史
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
赤穂浪士の事件のかげで泣いた男・梶川与惣兵衛

『歴史を動かした意外な人間関係』
[著]日本博学倶楽部 [発行]PHP研究所


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

『忠臣蔵』でおなじみ、江戸城内の「松の廊下での刃傷事件」。浅野内匠頭が吉良上野介に斬りつけた事件だが、テレビドラマなどでこの事件が描かれるときには、決まって内匠頭を背後から抱き止め、「殿中でござる〜っ!」と叫ぶ人物が登場する。

 内匠頭を止めたこの人物は、梶川与惣兵衛(かじかわよそべえ)という。『忠臣蔵』では、大奥から内匠頭への伝言を伝えにやってきたとき、内匠頭と上野介がいい争いをしており、内匠頭が刀を抜いたことになっているが、実際にはちがうらしい。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:470文字/本文:696文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次