読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1178105
0
遊びの神話
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
カザルスホールのクリスマス・イヴ

『遊びの神話』
[著]一条真也 [発行]PHP研究所


読了目安時間:8分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


 メトロポリタン・オペラ、スカラ座、ミュンヘン・オペラのような豪華さはないけれども、とても心暖まるオペラにクリスマス・イヴの夜に出会った。

 お茶の水スクエアの中にあるカザルスホールが一九八八年十二月二十四月に開いた一周年記念コンサートで上演された「アマールと夜の訪問者」である。コンサートは第一部がFM東京少年合唱団によるクリスマス・キャロルで、第二部が「アマールと夜の訪問者」だった。イタリアのオペラ作家ジャン・カルロ・メノッティの作品で、彼は先に来日したミュンヘン・オペラの「コシ・ファン・トゥッテ」の演出も手がけている。メノッティは、メトロポリタン美術館に展示されている一枚の絵に触発されて「アマールと夜の訪問者」を作曲したという。その絵とはヒエロニスム・ボッスによって描かれたもので、「マタイ伝」第二章をモチーフにした、三人の王様がマリアに抱かれるキリストを礼拝している絵である。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3207文字/本文:3601文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次