読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1178243
0
カラー写真・決定版 第二次世界大戦「戦闘機」列伝
2
0
0
0
0
0
0
エンタメ
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
第5章 ドイツの戦闘機

『カラー写真・決定版 第二次世界大戦「戦闘機」列伝』
[著]三野正洋 [発行]PHP研究所


読了目安時間:13分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ


総論 2機種に絞った効率的な運用




 第二次大戦でドイツは、1939年9月から45年5月まで延々と戦い続けた。相手はイギリス、カナダ、オーストラリアなどのイギリス連邦、フランス、ソ連、そしてアメリカである。


 まさに世界の大国に無謀な戦いを挑み、完璧に敗れ去った。もちろんドイツ空軍ルフトバッフェは、その先兵として戦い、大きな消耗を強いられている。


 それでも戦闘機に関して、この空軍は非常に効率的に運用してきたと言っていい。その最大の理由は、国力の強大な敵国と戦うといった事実をしっかりと把握し、生産すべき戦闘機の種類を極端に絞り込んだ点にある。


 ともかく主力戦闘機は


  戦争の全期間 メッサーシュミットBf109


  後半 フォッケウルフFw190


 で、これ以外にはほとんど存在しなかった。ただし終戦の1年前からジェット戦闘機Me262を実用化、実戦に投入している。


 この画期的な航空機については、機会を見て別途解説したい。


 さてドイツ第三帝国は、Bf109を3万機、Fw190を2万機製造した。


 そしてこの2機種の戦闘機のみで、戦いを有利に進めることが可能と考えたようである。たしかに登場した頃には、両機とも世界の最先端の位置にあった。


 それでも軍用機の進歩が、歴史上もっとも著しい時代とあって、その状況が長いあいだ続くはずはなかった。


 この点、ルフトバッフェは次第に立ち遅れていったのではあるまいか。


 さらに戦闘機の戦い方に関し、日本と反対の戦術を採用し、とくに戦争の前半でそれは裏目に出たような気もしている。


 これものちに述べるが、主力のBf109があまりに旋回性能を軽視していたのでは、と考えられるからである。


 またこれはイギリス、ソ連の戦闘機とも共通するが、日米のそれらと比べて、搭載燃料があまりに少ない。言うまでもなく、このことは航続力、滞空時間の不足をまねいている。


 もちろん、広大な太平洋と狭いヨーロッパの戦域とでは、設計者にその要素をあまりに強く意識させすぎたのかもしれない。そしてこのことが戦争の勝敗に、少なからず影響を与えたはずである。


 さらに後半に至ると、航空燃料の量と質が、両軍の戦闘機の性能、ならびに活躍の条件を左右している。日本ほどではないが、ドイツも燃料の確保に苦労し続けた。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:5244文字/本文:6195文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次