読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1178728
0
死んだあとのお金の話
2
0
0
0
0
0
0
くらし
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
8 訃報は事後にハガキでOK。100人規模でも総額1万2000円

『死んだあとのお金の話』
[著]中村麻美 [著] 二村祐輔 [発行]すばる舎


読了目安時間:3分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◆人数と出すタイミングは慎重に考える


 訃報それ自体のお値段は高額ではありませんが、出し方次第ではお葬式の費用がグンと跳ね上がってしまうことも……。なかでも新聞広告で知らせる場合は、数十万円から数百万円はかかるはずです。ただ、大企業の社長や政財界、地元の著名人でもない限り、この方法を利用することはまずないでしょう。


 一般家庭では、やはり電話やFAXが主流です。最近ではメールを利用するケースも増えていますが、相手に伝わっているか否かの確実性が乏しいことは否めません。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:1197文字/本文:1430文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次