読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-2
kiji
0
0
1179117
0
本当に、離婚を選びますか?
2
0
3
0
0
0
0
雑学
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
「裁判離婚」は最終手段

『本当に、離婚を選びますか?』
[著]岡野あつこ [発行]すばる舎


読了目安時間:4分
この記事が役に立った
3
| |
文字サイズ

お金も時間もかかるのを覚悟のうえで
「調停前置主義」といって、調停を経ずに裁判は起こせません。調停で決着がつかなかった場合、初めて裁判を起こすことができるわけです。離婚裁判により「離婚」が決定すると、一方がいくら拒んでも、離婚は成立します。

 裁判は、協議離婚や調停離婚と違い、「相手が嫌いになったから」では訴訟を起こせません。離婚もやむを得ない、という法定離婚事由が必要となります。

 また、調停の場合は「申立人」と「相手方」と双方を呼びますが、裁判になると「離婚の訴え」を起こしているわけですから、「原告」「被告」という関係になります。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
3
残り:1288文字/本文:1555文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次