読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
-1
kiji
0
1
1179200
0
いつの間にか 仕事が片づく法則
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
(1)仕事は集中力で決まる!

『いつの間にか 仕事が片づく法則』
[著]福島哲史 [発行]すばる舎


読了目安時間:2分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

◎仕事の遅れとミスの原因は集中力にある?
「もっと集中して勉強しなさい。だらだらやっても意味がないでしょ!」
「集中して仕事をしてないから遅いし、つまらないミスを引き起こすんだ」

 学生時代、そして社会人になった今でも、このような注意をされていませんか?

 勉強でも仕事でも同じです。単に机に向かっていれば、成果があがるわけではありません。大切なのは費やした時間ではなく、限られた時間内でいかに集中力を発揮できるか——この点で成果があがるか否かが決まるのです。

 仕事の処理速度と集中力は比例します。本来一時間で終わる仕事が、集中力が低い状態では二時間、三時間とかかってしまいます。対照的に、集中力が高まった状態では数十分で終わります。

 仕事の処理速度と同様、仕事の質も集中力と相関関係を保ちます。集中力が低下した状態の仕事には、大抵、どこかにミスが生じます。大事な書類にクライアント名が間違えたまま記載されていたり、領収書に記した金額がひと桁少なかったり……。

 このように仕事の量、質ともに、あなたの集中力が大きく影響しているのです。

◎「何時間頑張ったか」なんて上司は評価しない

 頭一つ抜け出す処理能力を身につける——そのためには、自分の集中力を上手にコントロールしなければなりません。集中力が発揮できる環境をどう整えるのか、どうすれば集中力を高められるのか、いくつか方策を知っておく必要があるでしょう。

 また、自分の集中状態に合わせて、どんな仕事をするのか選択します。集中力が低い状態のときには、さほど重要ではない仕事をする。集中力を高めてから優先順位の高い仕事に取りかかる——こうした工夫も必要になります。
「何時間仕事をしたのか」、この点はあまり評価対象にならないと心得てください。頑張ったプロセスより「どれだけ結果を出したか」で評価されます。ですから、集中力を高め、効率的に仕事をするように心掛けなければならないのです。

この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:0文字/本文:809文字
      この記事を収録している本
      レビューを書くレビューを書く

      今レビューすると30ポイントプレゼント! 今レビューすると15ポイントプレゼント! 犬耳書店で初めてのレビューはさらに30ポイント! ポイント詳細はこちら

      この本の目次