読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン
0
50
kiji
0
0
1180307
0
「運」を味方につける本
2
0
0
0
0
0
0
生き方・教養
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
4 「運」の女神は“努力好き”にほほえむ

『「運」を味方につける本』
[著]櫻木健古 [発行]PHP研究所


読了目安時間:9分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

人気漫才師の奥にある「福因」

 落語や漫才をテレビで見ていると、「のんきで、いい商売だな」なんて思えてくる。あんなことで名が売れ、高収入がドカドカと入るなんて、と。

 表だけを見て「奥を読む」ことをしなければ、そういう羨望にとりつかれるのは当然かもしれない。

 芸能人もテレビの常連ともなれば、プロ野球なら一軍レギュラーのなかのスター級、大相撲なら三役級といってよい。それほどの立場が、しかるべき福因なしに得られたはずはない。

 東京の「獅子てんや・瀬戸わんや」という漫才コンビ。芸歴はもう三十五年を超えているはず。私が二十代のとき、東京の寄席(よせ)で何度も聴いた、それほどの大ベテランである。ある意味では夫婦仲よりもむずかしいといわれる漫才コンビが、これだけの長期間続いたこと自体が偉業というべきで、当然、その「奥」には、尋常ならぬ苦心や努力があったはずなのだ。

 エピソードを一つだけ、紹介してみる。

 髪がいまだにフサフサ、クログロとしているてんやの方が、早くから髪ばなれ(?)しているわんやより、二つ年長だそうである。てんやは好男子でスマートで、都会風だが、わんやは、いかにも村夫子(そんぶうし)然としている。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:3940文字/本文:4444文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次