読みたいトコだけ買える本。
犬耳書店
初めての方へ 記事一覧 無料登録 ログイン

犬耳書店はRenta!へ統合いたします

(2021/11/26 追記)

犬耳書店の作品をRenta!に順次移行します。
詳しくはこちらでご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

0
50
kiji
0
0
1184222
0
小さな会社のブランド戦略
2
0
0
0
0
0
0
ビジネス
お気に入りとは?

お気に入りボタンを押すとお気に入りリストにこのページが追加されます。興味のあるページ・気になったページを後から確認するのに便利です。

お気に入り お気に入り
5章 社長がブランドであること

『小さな会社のブランド戦略』
[著]村尾隆介 [発行]PHP研究所


読了目安時間:6分
この記事が役に立った
0
| |
文字サイズ

ここでは「社長のブランド化」について、
少しだけお話ししたいと思います。
小さな会社のブランディングが
「ロゴを変えるだけ」ではないように、
個人のブランド化も
「ファッションを気にするだけ」では完成しません。

1 サクセスするためにドレスアップ
 私が大好きなファションデザイナーであるヴィヴィアン・ウエストウッドの言葉に、「印象的な服を着ることは、より良い人生につながる」というものがあります。


 これはまさに正論。「服なんて、なんでもいいよ」という経営者と、「自分もブランドであるべきだから」と、外見にもしっかり投資していく経営者では、1年後、おのずと成果に違いがでます。会社も、個人もそれぞれ、ブランドを目指すに越したことはありません。


 とはいえ、値段の高い服や、いわゆる有名ブランドばかりを身につける必要はありません。単に、これまでの「好きだから、これを着る」「流行っているから、これを着る」という考え方を、「周囲にこう思われたいから、これを着る」「会社の雰囲気や事業内容がこうだから、これを着る」という具合に切り替えて、服選びや小物選びをしていくだけで、個人ブランディングの初級段階は十分です。
この記事は役に立ちましたか?

役に立った
0
残り:2344文字/本文:2839文字
この記事を買った人はこれも買っています
      この記事を収録している本
      この本で最も売れている記事
      レビューを書くレビューを書く

      レビューを書いてポイントゲット!【詳細はこちら】

      この本の目次